読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凪あす26話(最終回)は納得いかないことがひとつだけある。

まなかの心が凪いだままじゃね?

 

それが唯一の納得いかない点だし、どこかで続きを見せてほしいことかも。

 

 

 

 

光の心はずっと荒れてて、まっすぐだからこそ共感できて主人公。

 

「好きにならなければ辛くならない

誰かを思えば誰かが泣く

誰かを犠牲にして傷つけて

そんなのが好きって気持ちなら

人を好きになるって最低だ。

 

だったら俺の好きって気持ちを奪って美海を助けてくれー!」

 

って光があきらめる訳じゃん?

自己犠牲で美海を助けようとする訳じゃん。

 

でもまなかが

「大丈夫だよ」って言って

美海が

「だめじゃない。好きな気持ちはダメじゃない」

 

って言う訳じゃん。

 

やっぱ女性は男性が理解できない受け止める強さがあるんかな。

 

 

光はまなかに気持ちが届かないから泣くし、

要もちさきに気持ちが届かないから泣くし、

ちさきもさゆも泣くんだけど、

そういうのって独占欲感。

 

美海とまなかの向かってるのが人類愛?的な。

「永遠に変わらない心、時の流れに変わっていく心、そのすべてが間違いじゃない。」

とか言っちゃうし。

 

全てを受け止める感。

 

 

海神様がわかんなかったように、女心は男には理解できないエンドだった。